カードローン

カードローンに関する情報

更新日:

カードローンの審査ポイントについて

カードローンは万が一の時にあると便利なサービスとなっていますが、しかし審査という点を考えると初心者にはハードルが高いように思えます。ですが最近のカードローンは特に消費者金融などにおいては審査条件やポイントがかなり柔軟になってきているので、そう不安に思う必要もありません。まずカードローンなどの審査で必要となってくる条件というものが、安定した年収があるかどうかという点になります。よくいう正社員でなければ厳しいのではという不安点があると思いますが、カードローンに関しては安定した職業であればパートでも契約社員での審査に十分に受かる可能性があります。逆に年収がどれだけ高くても自営業やフリーランスのお仕事の場合には、不安定な年収となってしまって審査がかなり難しくなってしまうことが多いです。

さて年収という点がカードローンの審査にはとても大事なのは分かりましたが、もう一つ重大なポイントなる点があります。それは過去に金融事故などを起こしていないかという点であり、これらの情報は信用情報機関というところに記録されているので、審査の時はこれを参照にされることは覚えておくといいでしょう。この信用情報機関に乗っている情報はクレジットヒストリーや債務整理の有無など、そして各種料金の延滞や遅延などのものがあり、これらで良くないことをしている情報がいわゆるブラックリストという扱いになってしまうのです。しかし一般的にこのようなことをしていなくて、かつ安定した職業についているのならばカードローンの審査も十分に通過出来るでしょう。

即日のカードローンと申し込み時間の注意点

お金に困っている時には、どこかから借りたいと思う事もあるでしょう。そういう時に、よくカードローンが検討されているのです。ところでカードローンという商品には、早さに関する明確な特長が見られます。かなり速やかに手続きが完了する傾向があるからです。昨今では金融会社では、即日という点をアピールしています。銀行などでも、看板にて即日という点を強調している事もあるのです。それで即日とは、当日中という意味合いになります。したがって申し込みを行った日の内に、入金されるという商品になる訳です。

例えば11月12日に、カードローンの申込を行ったとします。そういう時には、原則的に12日中に手続きが完了するというシステムになるのです。14日や18日などではありません。ところがカードローン以外の商品ですと、14日などかなり遅くなってしまう事もある訳です。即日商品ならそういう事はなく、原則として12日中にある訳です。かなり速やかにお金を調達可能な点は、即日のカードローンの魅力と言えます。ただし即日で入金してもらう為には、幾つか条件もあるのです。申込締め切り時間などには、注意を要します。昼過ぎが締め切りになっている商品ですと、16時や18時などに申込を行っても、翌日以降になってしまう場合があります。
基本的に即日の商品は、できるだけ早めに申し込みを行うに越した事はありません。できれば午前中に申し込み手続きを完了させておくと、当日中に入金してもらえる確率も高まるでしょう。

カードローンの返済は速やかに

だらだらと返済していることは、実は問題を起こしていることに気づかない傾向があります。本来カードローンには金利という概念が存在しており、年間でこれくらいのプラスをして返済してもらうことになると記載されています。この金利は高く設定されていることが多いために、年間で増えている金額が多くなってしまうと苦労することが多くなってしまうのです。利息が多くなることにより、返さないといけない額が相当増えることになるので注意をしてください。

どうしても利息を増やさないようにして返済したいなら、カードローンを速やかに返せるように調整しておきます。金額は最低限の数字に設定されており、この金額を返せばいいですよとしてくれるのはありがたいですが、実は最低限の数字だと利息が多すぎて全く進められません。大事なことは利息以上の金額を返し続けることで、とにかく最低限よりも倍くらいの金額を設定して、これを返し続けることで何とか完了させる方法を取ります。

適当に返していると、本当に利息によって返す金額が増えていることに気づかないままとなってしまい、カードローンを使っていくことがかなり大変になってしまうこともあります。とにかく辛い状況にならないように、そしてあまりにも増えてしまってから考えないようにするためにも、最初から返す金額を増やしておくことが大事です。これに加えて生活する金額を分けるようにして、返すことが出来る上限も知っておくといいです。

カードローンを無利息で使う利点と注意点

近年多くのカードローン会社では「○○日間無利息」といったサービスを行っています。テレビCMなどでもよく目にするのではないでしょうか。無利息サービスとは一定期間内に借りたお金を全て返済してしまえば金利はかからず、元本だけの返済で済むといったサービスです。一定期間無利息でお金を借りられるのは利用者には嬉しいですよね。

カードローン会社としても、利用者から金利をとることが出来なくても、カードローン自体は利用者の手元に残ることになりますので、次回以降も利用者に借り入れの予定が出来たときに、カードローンを利用してもらいやすいといったメリットがあります。利用者としても一度カードローンを申し込んでおけば次に何かあったときにすぐに借り入れることが出来るので、カードローン会社と利用者双方にメリットがあります。

ただし注意点としては、無利息サービスの期間内に返済が出来なかった場合、利用者に金利がかかってしまうことです。また一度カードローンを利用したことでお金を借りることへのハードルが下がってしまい、必要以上にお金を借り入れてしまう人もいます。借り入れる際には、無利息期間中に本当に返済できる金額かどうかよく考えてからカードローンを利用するようにした方がよいでしょう。

カードローンの無利息サービスを上手に利用することで、必要なお金を金利がかからずに借りることが出来ます。無利息期間はカードローン会社によって異なりますので、比較検討してからカードローンの申し込みをするとよいでしょう。

カードローン、おすすめなのは…どっち!?

カードローンを初めて利用しよう、と考えた時にまず最初に不安に感じるのは、「審査に通るかどうか」ですよね。カードローンを始めるコツとしては、申し込む際、どこの会社を利用するのか…まず最初にしっかり検討してください。というのも、審査にもしも落ちてしまったら、そこで自分自身の信用度がガクッと落ちてしまうのです。そうなると次の会社に申し込んでも審査落ちの可能性が高くなってしまいます。つまり審査に受かりそうなカードローンに申し込むこと、それが大切なんです。

基本的にカードローンは消費者金融系、銀行系のふたつに分かれます。消費者金融、と聞くと悪いイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、大手の消費者金融系カードローンなら全く問題ありませんし審査も通りやすいからおすすめです。審査が不安、という方、すぐにお金が必要、という方、借りたい金額がどちらかというと小額な方は消費者金融系のカードローンがおすすめです。

では銀行系カードローンがおすすめなのはどういうケースか、というと、借りたい金額が高額な場合、です。というのも、消費者金融系カードローンの場合は貸金業法で定められた総量規制という法律が存在しているから。例えば年収300万円の場合は借り入れ可能額が100万円、と決まってしまっているからなんです。けれども銀行の場合は銀行法が適用されるため、高額でも借り入れできるんですね。また金利が低いのも銀行での借り入れの魅力のひとつです。

なんとなく、カードローンを申し込むのではなく、先のことを踏まえた上で、消費者金融系、銀行系、どちらでの借り入れが自分にとって有利なのか、よく考えた上で申し込みましょう。

-カードローン

Copyright© お金を借りる方法 , 2018 AllRights Reserved.