日本をとりまく環境とお金を借りる方法

昨今、世界経済をはじめ長引く不況下の日本経済ですが個人法人問わずお金を借りるということに対して非常に悪いイメージが先行している風潮があります。消費者金融と聞くとどういったイメージをもたれますでしょうか?昔は「借入」いわゆる融資というと様々な制度や主催団体の保障が充実した法人向けの融資はもちろん銀行独自のプロパー融資と呼ばれる借入が非常に盛んに行われその結果として現在のような大企業の成長をはじめ商業施設の発展や技術・サービスが充実することとなりました。

しかし現在は不況のあおりを大きく受けその法人向け融資に失速が見られ実質上では法人に対する融資というものがリスクをともなう行為となってきている風潮が金融業界ではあります。そして次にターゲットとなったのは個人融資特に消費者金融商品を利用した個人ローンやカードローンなどです。元来小口多数の融資展開を謳っていた銀行と相まって最近では銀行との提携消費者ローン商品が多く存在します。中でもカードローンというものは限度額を設定しその範囲内であれば何度でも繰り返し使えうことができます。

そしてインターネットやコンビニエンスストアの発展とともに便利に使える工夫がされており今後もますます利用者が増えていくと考えられます。そして今回はそのカードローンを中心に使い方やおすすめ方法をご紹介しながら上手くカードローンと付き合っていける方法を説明と実体験などを踏まえて皆様にご紹介していきたいと思います。

カードローンでお金を借りる方法

さて消費者金融商品であるカードローンでお金を借りる方法をご紹介したいと思います。カードローンには二種類あります。まずはいわゆる消費者金融独自の商品で消費者金融ATMもしくは全国のコンビニエンスストアに設置されているATMを使って借入をする方式。

次は消費者金融と銀行とが提携しているカードローンです。今回はこの二つのカードローンをご紹介します。最近ではインターネットやその他の最新技術の発展とともにカードローンは非常に使いやすいツールと化しています。まずオーソドックスな借り方は全国専用ATMや銀行ATMもしくはコンビニエンスストアのATMを利用して現金を引き出す方法です。こちらは従来通りですぐに最近ではコンビニエンスストアの24時間営業化によっていつでもどこでも困ったときに現金を借り入れることが可能となりました。今では当たり前ですが非常にすごいことです。次に従来の借入指示型の方法をお伝えします。いわゆる銀行口座へ入金指示する方法です。昔は申し込み時にあらかじめ振込み兼返済口座を設定し専用ATMで入金指示をし最速何分後かには振込みがされるといった方法でした。

最近ではパソコンやスマートフォンの爆発的な普及とインターネット技術の進歩によりそれがインターネットを介して行うことが出来るというものです。仕事や用事で多忙な人でも移動中に数分で操作が出来る点で非常に便利な方法となっております。最近ではスマートフォン対応商品が多く見受けられます。

次は先ほど簡単にご紹介した銀行口座連動型のカードローンです。

先ほどはいわば従来からあった借入方法やそれを発展させた方法ですが個人的にはこの銀行口座連動型のカードローンが一番便利に使えるのではないかなと考えています。こちらの方法でお金を借りるにも同じようにお申し込みしますが基本的には普段使っている銀行にセットするのが望ましいです。こちらの仕組みも同じようにカードローン借入限度額をセットして同じようにATMなどで現金の引き出しが出来ることです。それに加えて銀行口座残高が足りなくなった際に自動的にマイナス表記をして決済をしてくれる。いわば借入が出来る商品になっております。こちらは特に入金指示をするわけでもなく勝手に立て替えて引き落とししてくれるので忙しい人には非常に楽な商品となっております。

しかしこの便利さのせいで慣れてくると限度額枠が自由に使えるため自分の通帳残高が増えたと錯覚し常時マイナス状態の方がいます。限度額内であれば基本的にいつでも何度でも借入できますがこのマイナス分である借入分は日割り計算で利息が発生します。最近では法で法外な利率ではなくなったとは言えやはり従来のローンに比べるとやや高めの設定になっております。また月に一度は利息確定日があるはずなので常時マイナスの方は利息分が借入額に上乗せされる方式になっております。ですので毎月一回くらいはマイナスは解消できるような使い方が理想とも言えます。

カードローンでお金を借りる便利なケース

今までカードローンの便利な使い方と注意点を少しご紹介しました。そこから角ーローンでお金を借りると便利なケースをご紹介していきます。まずはサラリーマンの方の場合です。サラリーマンの方でかつ家庭を持っている場合色々な引き落としがあると思います。電話料金、ガス料金、電気料金、水道料金、習い事…等々です。これら以外にもお付き合いで旅行や外食もあることでしょう。基本的に給料日は一月に一回ですがこれらの支払いは全てばらばらにやってくることが多いと思います。一番良いのはそれらが全て引き落としになっても余裕がある金銭的やりくりですが皆が皆そうだとは限りません。ましてや若いサラリーマンの方ではお付き合いや遊びに行くことも多いことでしょう。

そこで登場するのが銀行口座連動型のカードローンですこれをセットしておくだけで日常の支払いだけではなく急な支払いによってマイナスが発生しそうな時であっても急いでやりくりする必要がなくなります。また日常に余裕のある方であればインターネットから指示し入金する方法でも良さそうです。こちらであれば不用意に自動的にどんどん使いすぎることもなく計画的に借入をすることが出来ます。このように基本的にはカードローンを利用することで時間や手間だけでなく精神的な余裕が生まれることから上手く使うことが出来るのであればメリットしかない便利なツールなのです。こんな便利なツールは使う他ないでしょう。

お金を借りることでの日本経済への影響

さて冒頭でカードローンをはじめ非常に使いやすい個人ローンへ銀行融資のターゲットが推移しているお話をさせて頂きました。従来、日本経済の成長や発展は戦後の復興やものづくりの事業の発展とともに急成長を遂げました。その影で活躍したのがやはりお金を借りるという手段である融資でした。その法人向け融資リスクが高まり個人へとシフトしていったことで日本経済における影響はどのようなものであったのでしょうか?小口多数ではありますが銀行がこぞってカードローンをはじめ消費者金融商品をたくさん発売・推進しておりました。その結果として小口多数の収益を重ね金融業界を中心に潤ってきます。

また同じように借りたお金はやはり何かのために使っているわけですから金融業界以外の小売業や飲食店も少しずつではありますが影響していることはたしかです。今、日本では消費者ローンによる自己破産を問題視して借入利息や借入限度額の規制などを強くしています。それだけ長く利用して金銭感覚が麻痺している人が多いからなされた規制だとも捉えられます。そして最近では金融庁から銀行による消費者ローン融資取り扱い集中化を問題視しています。いくら規制をかけても取次ぎ先の銀行が拍車をかけてしまっては風紀が乱れるといったところでしょうか。ですがこのような便利で簡単なカードローンはこれからもますます便利になって普及していくことでしょう。万が一のために備えてしっかり仕組みを理解し使いすぎに注意して上手く付き合っていけるといいと思います。

更新日:

Copyright© お金を借りる方法 , 2018 AllRights Reserved.